アルバイトだと人間関係のトラブルが生じやすい?

仕事をする上で無視できないのが人間関係ですよね。
好きなお仕事でお給料もいい、やりがいも感じられるし残業や休日出勤など無理な勤務体制もない、それでも人間関係に問題やトラブルがあるから職場を変えたい、仕事を変えたいと考える人は世の中にとても多くいるはずです。

キャバクラというのは女性社会ですから、イジメやパワハラなんかの人間関係のトラブルが本当に多いんです。
昔ほどではないかもしれませんが、それでもやっぱりゼロではありません。

キャバクラ店に所属すると、出勤時には同じ顔合わせとなることが多く、そこには人間関係も生まれてきます。
だからこそのトラブルや問題もきっと出てくるでしょう。
これがアルバイトで働くときの、ちょっと困ったところ。

派遣だと多くの場合一回きりですから、同じ顔合わせで働くことはほとんどありません。
つまり、人間関係が築かれることがあまりないので、トラブルや問題が発生しにくいんです。
これがキャバクラ派遣の特徴の一つ。

もちろん、時と場合によることは否定しません。
派遣の場合でも同じお店に何度も行くことはあるでしょうし、同じ派遣会社を利用している女の子との人間関係ができ上がり、そこにトラブルや問題が生じる可能性もあります。

  人間関係が築けないことにマイナスポイントはある?

派遣だと多くの場合一回きり、だから人間関係のトラブルや問題が生じにくいのは確かです。
でも、言い方を変えれば、キャバクラ派遣を利用している女の子は、他のキャバクラ嬢などと継続した関係は望めないとも言えるでしょう。
これには果たしてデメリットやマイナスポイントがあるのでしょうか。

アルバイトであれば、毎回だいたい同じメンバーで仕事をすることになります。
もし仲の良いキャバクラ嬢ができれば、そこで情報交換をすることがしやすくなるでしょう。
オシャレに関する情報交換、恋愛相談、仕事の相談、嫌なことがあっても慰め合ったり、こんなことがしやすくなります。

もしかしたら、キャバクラ嬢を辞めた後も付き合いが継続して、良いお友達の関係になれるかもしれません。
実際に、同じお店で働いていたキャバクラ嬢同士がママ友になるという例はたくさんあります。

継続した関係は望めない派遣を選択した場合には、こうした関係性を築くことは難しいかもしれないと思っておくべきですね。

これも、もちろん時と場合によると言えます。
派遣でも何度か顔を合わせれば仲良くなるケースもなくはないでしょう。

ただ、アルバイトの方が周囲との人間関係が密で、キャバクラ派遣の場合にはそれがちょっと薄め、あとはこれをどう考えるか。
人間関係の一切が面倒であれば派遣だし、お友達が欲しいならバイトを選択するなど、自分の価値観で決めるしかないのかもしれません。
キャバクラ派遣を選択している女の子の特徴