自由さを求めるなら派遣を選びましょう

雇用形態によって働き方や稼ぎ方が変わってくるのは、どの職業も同じですね。
キャバクラは主にアルバイトと派遣という2種類の働き方がありますが、どちらにもメリットがあるし、どちらにもデメリットがあります。

キャバクラ嬢として働くとしたらどちらを選べばいいのか、これはとても難しい選択となるでしょう。

もし、自由に働くなら派遣を選んだ方がメリットが多いのかもしれません。
シフトの面でも働きたい時に働けるという利点がありますし、長期休暇も思いのまま。
まとまったお金が欲しいなら毎日だってキャバクラ派遣を利用して働くことができますよ。
自由にシフトを組んで働きたいなら派遣キャバクラ
派遣キャバクラならノルマがない
お金がすぐ必要なら日払い
メンドクサイ人間関係が苦手なら派遣キャバクラ

アルバイトには、派遣と比べるとこのような自由さはちょっとなくなってしまいますから、本業があって働ける日数などに制限がある場合には、やっぱりキャバクラ派遣がベストな選択となるのかもしれませんね。

その分、頑張りやテクニックがお給料に反映しづらいという難点も派遣にはありますけど、派遣でも時給は3,000円前後受け取れますから、「毎日頑張る!」という気持ちがあれば、その頑張りはしっかりと反映されて、たくさんの収入を得ることができるはずです。

  組織の中で活躍したいならアルバイトを選択

組織の一員になるならアルバイト、これは揺るぎません。
派遣だと組織の一員になるわけではなく、自分で働く日や働くお店も決めることになるため、上で説明したように自由度は高くなりますが、その分みんなで団結・協力してお店の売り上げを上げようという意識は弱くなりがちです。

組織の一員になると、組織にしかない良さを他にも味わうことができるでしょう。
お給料の面でも頑張りが認められて、時給がアップしたり売り上げの一部をバックとして収入に反映させてくれるようなシステムは、キャバクラ派遣の場合にはありません。
組織に属するアルバイトならではのメリットです。
本格的に稼ぐ・ナンバー1を目指すならアルバイト

お店に所属すると自由がちょっと少なくなるのは事実ですが、その分、出勤日の希望を出したら時間や曜日などのシフトはお店側が調整してくれます。

派遣だとそれも基本的には自分でやらなければいけませんから、アルバイトだと「管理される楽さ」というものも感じられるでしょう。
組織の一員になるというのは、そういうメリットもあるんです。

働くならどちらの雇用形態か、その決断はなかなか難しいかもしれません。
ただ、どちらも「自分に合わなければ働き方を変える」ことは可能ですから、より自分に合っていると思う方をまずは選択して、それから再度判断してみてもいいのかもしれませんね。